整体・吸玉による肩こり

☆坐骨神経痛☆

腰から足にかけて神経痛が発生する症状を「座骨神経痛」と言います。

坐骨神経痛自体は病名でなく、腹痛や頭痛などと同じで、症状名になります。

坐骨神経は腰から足先まで伸びる長い神経で、この神経の途中で圧迫や機械的な刺激によって坐骨神経痛が引き起こります。

痛みが強く我慢できない状態のときは早めに病院で診てもらいましょう。

座骨神経痛の原因は

坐骨神経痛の原因として特に多いのが椎間板ヘルニアです。

背骨の骨と骨の間にある軟骨の中の髄核が飛び出して神経を圧迫することで脚にシビレなどを伴う腰痛です。

特に20代〜50代の若年に多発することが多いです。

次の原因として脊柱管狭窄症です

これは背骨の変形変性が進むと、坐骨神経が圧迫され歩行に支障(間欠性跛行)の症状がでます。

50歳以上のかたに多くなります。

その他に、梨状筋による筋肉の圧迫によっても座骨神経痛が現れます。

施術

座骨神経痛の原因は、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄などが原因で、神経が圧迫されてることが原因であると言われていますが。

座骨神経や脊柱管狭窄があっても坐骨神経痛にならない方もいまし、又、手術を行っても痛みが残る方もいます。それは

坐骨神経痛の原因は、その他にあると考えらます、その原因は

あなた「自身の内側」にあると私は考えています。その内側とは

血液循環を阻害せている東洋医学で言う「お血」が原因であると考えています。

お血は微小循環障害で循環しなくなった滞っている血液で、その血液は正常な血液とは程遠いpHです。

その異常な血液である「お血」が神経を刺激して痛みを増幅させたり、新鮮な血液を細胞に供給するのを妨げていると考えています。

吸玉施術で”お血”を取り除くことで新鮮な血液が行き届くことで、症状の改善へ向かうのを助けています。

私の施術は吸玉施術と整体施術、井穴刺絡で自律神経を整え、血液の浄化や筋肉のこりや緊張をほぐす施術を行っています。

お客さんに日頃の癖を修正する目的で、自宅で出来るストレッチをお願いしています。