整体・吸玉による肩こり

☆坐骨神経痛☆

腰から足にかけて神経痛が発生する症状を「座骨神経痛」と言います。

坐骨神経痛自体は病名でなく、腹痛や頭痛などと同じで、症状名になります。

初期化症状は痛み・しびれなど

坐骨神経痛は、腰から足かけて伸びている「座骨神経」が、圧迫・刺激を受けておこる、”痛み””しびれ”などの症状を指します。

痛みはまず、腰痛の発症から始まり、その後、痛み・しびれがしだいに”お尻””太もも””すね””ふくらはぎ”に。

次の症状が現れます

寝たり座ったりしているときは症状がないかごく軽度などですが、

起立したり歩いているとだんだん痛くなってきてそのまま歩き続けるのが困難になっていきます。

歩行が困難になってきた場合は座ってしまえば痛みが治まってきてまた歩けるようになります。

このような症状を間欠性跛行と言って、腰部脊柱管狭窄症に特徴的症状です。

治療後の現実

座骨神経痛の原因は、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄などが原因で、神経が圧迫されてることが原因であると言われていますが。

座骨神経や脊柱管狭窄があっても坐骨神経痛にならない方もいまし、又、手術を行っても痛みが残る方もいます。それは

坐骨神経痛の原因は、その他にあると考えらます、その原因は

あなた「自身の内側」にあると私は考えています。その内側とは

血液循環を阻害せている東洋医学で言う「お血」が原因であると考えています。

お血は微小循環障害で循環しなくなった滞っている血液で、その血液は正常な血液とは程遠いpHです。

その異常な血液である「お血」が神経を刺激して痛みを増幅させたり、新鮮な血液を細胞に供給するのを妨げていると考えています。

私は吸玉施術と整体施術で血液の流れを良くし、筋肉のこりや緊張をほぐす施術で座骨神経痛を改善しています。