整体・吸玉による腰痛

☆腰痛☆



【腰の痛み】

年齢や性別に関係なく、腰の痛みに悩まされている人が増加しています。

腰痛の原因は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症、脊椎の圧迫骨折などがあります。

中高年には、脊柱管狭窄症や脊柱の圧迫骨折が多いようです このように腰痛の原因がはっきり特定できるのは全体の約15%にすぎません。

多くはいくつかの要因が重なっているものと考えられます。

「ストレス」や「うつ」「不安」が深く関わっていると考えられています。

骨盤後傾、骨盤前傾の見分け方

腰の痛み


骨盤の後傾によるリスク


骨盤後傾

骨盤後傾による健康リスクははかりしれないものがあります。

特に腰痛などの腰椎ヘルニアや膝痛、肩痛、首痛の頸椎ヘルニアが現れ、

骨盤の中に収まっている生殖器や膀胱などの臓器、背骨の脇を通っている自律神経への圧迫も健康によくありません。



骨盤の傾き

骨盤が後傾になる原因

長時間、仕事や前屈姿勢や座る悪い状態が習慣化してしまうと、大殿筋や中殿筋、ハムストリングに疲労物質が溜まり硬くなっていきます。

これが習慣化すると、骨盤を後傾させた状態になります。

骨盤が後傾状態になると、連動されて背骨が曲がり猫背になり、頭が前へ倒れ膝が曲がり、膝痛、腰痛、肩こりにつながります。

骨盤後傾

*お腹側の腸腰筋、大腿直筋が硬くなるとは骨盤を前傾させる

*背中側の大殿筋、ハムストリングが硬くなりと骨盤が後傾になる

日頃から骨盤を立てる椅子への座り方ポイント

椅子やソファーに座るとき疲れた時は、ユッタリと力を抜いて楽な姿勢ですわります、骨盤は後傾の状態になります。

筋肉を休め、リラックスで体力を回復させます。

改まった席での座りかたを意識する

面接や畏まった時の姿勢は背筋を伸ばした姿勢です、この姿勢の時は骨盤が正常な状態ですこの姿勢を意識しましょう。

骨盤後傾の方がこの姿勢をキープするのは辛い姿勢ですが、1分間キープしリラックスするを繰り返すのも良いと思います。

骨盤を立てた状態を維持することで、腹筋や背筋が鍛えられ、出っ張りお腹のダイエットが期待できます。

★日頃から骨盤が立った状態を維持することで、骨盤に繋がる筋肉が鍛えられたり緊張が取れ正常な骨盤の位置が保たれます。

※椅子に腰掛ける時は骨盤が正しい位置にくる習慣を身につけましょう!!

IM整体で骨盤に繋がる筋肉のストレッチ。

腰の痛み←太ももん裏側のハムストリングスのストレッチ。

腰の痛み←腸骨と大転子を繋ぐ中殿筋のストレッチ。

私の行う整体では、骨盤後傾の原因となる筋肉を一つ一つにアプローチしていきます

施術例

60代 男性

主訴:腰痛,肩こり

仕事上パソコン業務で肩こりと腰痛になる

腰の痛み←吸玉施術で腰の色が濃い所が”お血”の多い部位。

<施術>

○整体療法で骨盤矯正、仙腸関節調整、などIM整体施術。

○吸玉療法で骨盤周辺の"お血"を解消し血流を良くする。

<効果> 6回の施術で腰痛、肩こりがだいぶ改善する。


(新)骨盤起こしで骨盤を回転させる。


骨盤後傾

骨盤の後傾。

骨盤後傾

骨盤起こしで大腿骨頭を軸に骨盤が回転。

 

骨盤起こしの特徴

@骨盤自体に直接作用し骨盤を起こす。

Aただ伏臥位(うつ伏せの状態)ですむ。

B器具さえあれば一人で出来る。

C特別な技術はいらない。

D痛みはない。

E効果がすぐ実感できる。

骨盤起こしのしかた

@骨盤起こし器具を用意する。

A左右の上後腸骨棘の位置を確認する。

B骨盤おこし器具の幅を上後腸骨棘の幅に合わせる。

C骨盤起こし器具の上に上後腸骨棘に伏せに乗せる。

D背骨骨盤の力を抜いてリラックスする。

★ストレスが腰痛を悪化させることがある★

腰痛は発症してから1ヵ月以内に改善することが多いのですが、3か月以上痛みが持続する場合は「慢性腰痛」といいます。

慢性腰痛の場合は椎間板の障害や神経の圧迫が原因のものもありますが、ストレスやうつ、不安が深く関わっているのもあるのではないかと考えられます。

★今回は自分で出来るストレスが原因の腰痛改善法です。★

現代人の多くは、日々のストレスにさらされています。職場や家庭内、友人関係のストレス、高齢者では健康に対する不安や寂しさなどもストレスの原因になります。

こうしたストレスが慢性腰痛を悪化させるのは、脳に痛みが伝わる仕組みと関係しています。

人の体は痛みが起こるとその信号が脳に伝わって、脳の中心部からドーパミンという神経伝達物質が放出されます。

その刺激によって脳内麻薬のμ(ミュー)オピオイドという物質が多量に分泌されて、痛みの信号が脳に伝わらないように働きます。

ところが、脳がストレスに長くさらされると、痛みの信号が脳に届いてもドーパミンの放出が抑えられてしまうのです。

そのため、μオピオイドによる痛みの抑制効果が機能しなくなって、わずかな腰の痛みでも強く感じたり、痛みが長引いたりするように考えれれています。

そこで、ドーパミンをより多く出るように日頃から心掛けましょう。

運動でストレスを解消し、ドーパミンを増やすことで痛みを軽くする効果がある。

自分で出来るストレス解消法は人それぞれですが、運動を取り入れたストレスを解消法を取り入れてみましょう

腰が痛いのに運動は無理だと思うかもしれませんが、慢性腰痛の緩和には運動療法が有効なことが証明されています。

運動によって血液の循環がよくなると、脳内の血流もよくなるようになります。

これによつてμオピオイドの仕組みが改善されて、腰痛が抑えられるようになります。

ポイントは

自分が楽しいと感じながら運動することです。

脳がうれしい、楽しいと感じると、多量のドーパミンが放出され腰痛が和らぎます。

散歩やウオーキング、サイクリングや可能ならテニスやゴルフなどに徐々に取り組むのもよいでしょう。

それでも改善しない場合はお越しください、丁寧に施術いたします。

OFFICE HOURS

田盛健康医学センター

ADDRESS

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田3丁目6-31

JRおさか東線 南吹田駅 徒歩8分

御堂筋線 江坂駅より徒歩15分

ご予約・お問い合わせメール