脊柱管狭窄症

☆腰部脊柱管狭窄☆

田盛健康医学センター

 

腰部脊柱管狭窄は文字どおり、腰椎の脊柱管が狭くなってしまう病態のことです。

脊柱管を通っている神経が圧迫され、腰や足に痛みやシビレが表れる病態です

骨や靭帯の変性による腰痛の代表格といってもいいでしょう。

脊柱管が狭まる主な原因は加齢です。従って、高齢者に多く、高齢化に伴って増加しています。

特徴的な症状の一つが後屈姿勢(背中を反らしたとき)を取ったときに腰のところに痛みやシビレがでる。

これは後屈姿勢を取ると、脊柱管が狭くなるので、中の神経が圧迫されやすくなるためです。

反対に前屈姿勢を取ると、脊柱管が広くなるので痛みやシビレが軽減します。

特徴として、”間欠跛行”で、これは歩いていると腰のまわりや足に痛みやシビレ、脱力感が生じて、一時的に歩けなくなる症状です。

前屈みになって休んでいれば、再び歩けるようになりますが、しばらく歩くと、また歩けなくなるという症状を繰り返します。

※ただし、足の血管がつまる”閉塞性動脈硬化症”といった別の病気でも起こるため、鑑別が必要です。

脊柱前傾姿勢

left right

脊柱管狭窄症 症状チェック

    □ 太ももから ふくらはぎや すねにかけて しびれや痛みがある

    □ しびれや痛みは しばらく歩くとつよくなり 休むとらくになる

    □ しばらくたっているだけで しびれたり痛くなったりする

    □ 前かがみになると しびれや痛みは楽になる

    上記の症状チェック項目で症状が当てはまる項目の多い人ほど

    腰部脊柱管狭窄である可能性が高まります。

    脊柱管狭窄症は腰痛や脚のしびれや痛みなどの間欠破行が代表的です。

    他に

    @しびれはあるが 痛みはない

    Aしびれや痛みが脚の両側にある

    B両足の裏側に しびれがある

    Cお尻の周りに ほてりが出る

    D歩くと尿が出そうになる

    上記のD項目に一つでも当てはまる場合は

    病院で診てもらいましょう。


    骨盤前傾と神経の関係

    left

    (図)背を反らすと脊柱管に神経が挟まり、痛みやシビレに

    (図)正常な状態の椎骨と椎間板

    骨盤前傾に関係する筋肉

    太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)と脚を上げた時の股関節の屈曲筋(腸腰筋、大腿筋膜張筋)

    背骨を挟んで両側にある(脊柱起立筋)

    @脊柱起立筋(背骨の左右にある筋肉)のストレッチ





    両手、両膝を床につけて四つんばいの姿勢をとる。

    顔は下に向けておく。

    息を吐きながらゆっくり肩甲骨のあたりを上にあげていく感じで背中を丸める。




    仰向けになって膝を抱える。

    身体を小さく丸めるようにして30秒〜60秒間ストレッチをする。

    15秒ほど休み、3回繰り返す。


     

    腸腰筋のストレッチ



    @片膝を地面につけます、膝が痛いときはタオルかクッションがあると膝が痛くありません

    A体幹部は動作中は常に地面と垂直に維持するようにします。

    B両手を前の膝にあてて重心を前方へシフトしていきます。

    Cこの時に太ももの前側よりも、股関節の前部が伸びていることを確認してくださあい。

    D重心を前方にシフトすればするほど股関節の前部がストレッチされます。

    Eこの時に、反り腰にならないよう仙骨を手で押さえるのもいいでしょう。

    F10〜30秒保持してそれを3セット行います。

    腸腰筋の拘縮は腰椎の前彎になり腰部脊柱管狭窄症と関係する。

    腸腰筋の拘縮は腰椎の前彎(反り腰)は、跛行や腰痛になりやすい。


    大腿四頭筋のストレッチ

ページの最初へ戻る